■ページ本文テキスト■

127仕様図確認事項9搬入(取付開始)時期について間柱建て込み前に据付システムバスが据付られる周辺の間柱の建て込みが始まる前に取付を開始します。建築サイドの都合上、間柱の建て込み以降に搬入することが必要な場合でも、ドア一面および直交する一面について間柱を建てないようにお願いします。※間仕切りユニットがある場合はドア一面の間柱が不要になりますので建築側との事前打ち合わせを十分行ってください。7給水・給湯配管について内寸170浴槽開口φ5014内寸73追いだき配管(縦並び)干渉する8追いだきについて■浴槽パンなしの場合(標準仕様)●弊社で用意している追いだき循環金具以外をお使いになる場合。・必ず強制循環追いだき対応セットをシステムバス本体と同時発注してください。・追いだき循環金具が水受けトレーと干渉しないように十分気をつけて選定してください。・循環金具はφ50用のものを使用してください。・自然循環方式は対応できません。・水受けトレーは万が一の漏水時に家屋への損害を少なくするために設置しておりますが、多量な漏水には対応できません。循環金具の選定不具合や取り付け不良による漏水には対応できませんので、ご注意ください。●追いだき対応セットの対応は、システムバスとの同時発注のみに限らせていただきます。■浴槽パンありの場合(オプション)●弊社で用意している以外の追いだき循環金具をお使いになる場合・浴槽および浴槽パンの穴開口をシステムバス本体と同時発注してください。・エプロン部点検口からの配管接続はできません。現場手配の追いだき循環金具、追いだき配管は事前にご用意いただくか、相番作業にて取付してください。・追いだき循環金具はφ50用のものを使用してください。・浴槽パン貫通部の接続アダプターはφ30用ナット径M28ロックナット(38Hナット)をご用意ください。・自然循環方式は対応できません。・1216・1318サイズの場合、循環金具はストレートタイプ以外のものを使用してください。浴槽パンと追いだき配管が干渉する恐れがあります。●追いだき循環金具は浴槽短辺側へ取り付けます。但し、アクアジェット(4穴)を併設される場合は浴槽長辺(洗い場側)へ取り付けます。●追いだき対応セット・穴開口φ50(弊社工場で加工)・水受けトレー(弊社工場で浴槽に取付)追いだき配管床貫通給水給湯点検口止め〈Rタイプの場合〉追いだき配管床貫通給水給湯内部接続〈Lタイプの場合〉給水給湯内部接続〈Rタイプの場合〉追いだき配管床貫通給水給湯点検口止め〈Lタイプの場合〉給水給湯点検口止め〈Lタイプの場合〉追いだき配管床貫通給水給湯内部接続〈Rタイプの場合〉給水給湯点検口止め〈Rタイプの場合〉給水給湯内部接続〈Lタイプの場合〉1216・1318サイズ1216・1318サイズ以外システムバス取付前の立ち上げ配管により、システムバス取付後にエプロン部点検口から一次側との接続が可能です。ドア下までの延長配管もオプションでご用意できます。現場状況に合わせてお選びください。浴槽パン(オプション)の配管取出位置図◎:標準仕様○:オプション点検口止め内部接続給水給湯配管セット樹脂管3.5m銅管浴槽パンなし(標準)◎−○○端部形状PJ1/2端部形状R1/2浴槽パンあり(オプション)○◎○○端部形状PJ1/2端部形状G1/2端部形状R1/2端部形状R1/2※浴槽パンありの場合は、内部接続セットを使います。