■ページ本文テキスト■

サーモバスライトネオサークル照明(LEDランプ)エコフル多機能シャワースイッチ付スプレーシャワー■たとえば、お風呂で「暮らし、マイナスCO2」。専用組フタと浴槽の保温材によるダブル保温で、4時間後の温度低下は約2℃。快適な温度をキープするので、省エネに役立ちます。これまでの白熱灯からLEDに切替えたことにより、低い消費電力で長寿命を実現、省エネに役立ちます。羽根車がシャワー穴の半分をふさぎながら高速回転。勢いのあるシャワーを吐水することで、従来のシャワーに比べ、約35%の節湯効果を実現しました。手元で吐水・止水ができるスイッチと、少ない量でも快適に浴びることができるシャワーの効果で、節水・省エネに役立ちます。【試算条件】外気温5℃以下の環境下で、4時間後の温度低下が従来浴槽:5℃・サーモバスライト:2℃(半年間は温度低下が半分)で、浴槽実用水量:235L、追いだき回数:1回/日、ふろ部燃焼効率80%の給湯器で給湯後4時間後に追いだきした場合。【比較品】サーモバスライトなし【引用元】自社基準【試算条件】省エネ法の「住宅事業建築主の判断の基準におけるエネルギー消費量計算方法の解説」に基づき1灯あたりの消費電力量を算出。交換用電球単価含む。【比較品】白熱灯60W形[消費電力54W]【引用元】自社基準【試算条件】省エネ法の「住宅事業建築主の判断の基準」における給湯設備の一次エネルギー消費量(東京)及び自社モニター結果より、給湯量を算出。【比較品】サーモ水栓+シャワーヘッド[最適流量10L/分]【引用元】「住宅事業建築主の判断の基準」(経済産業省・国土交通省告示2号:平成21年1月30日)及び自社基準【試算条件】省エネ法の「住宅事業建築主の判断の基準」における給湯設備の一次エネルギー消費量(東京)に基づき給湯量を算出。【比較品】サーモ水栓+シャワーヘッド[最適流量10L/分]【引用元】住宅事業建築主の判断の基準(経済産業省・国土交通省告示第2号:平成21年1月30日)年間3,700円節約できます。年間800円節約できます。年間13,200円節約できます。年間12,000円節約できます。環境への取り組み上記の各製品は以下の単価、CO2排出係数に基づいて算出しています。【単価】電気:22円/kWh(税込)、上下水道:265円/?(税込)、都市ガス:165円/?(税込)【CO2排出係数】電気:0.43kgCO2/kWh、上水道:0.23kgCO2/?、都市ガス:2.2kgCO2/?※数値はあくまで目安であり、記載通りのCO2排出量の削減を保証するものではありません。詳細や最新情報については、こちらをご覧ください。http://inax.lixil.co.jp/eco/co2/バスやキッチン、トイレなどの水まわりから排出されるCO2を減らすために、「暮らし、マイナスCO2」をすすめています。INAX製品をつかうことで、どれだけCO2が削減できるのかを「暮らし、マイナスCO2」マークで表示し、製品選びのポイントにしていただくことを提案しています。〈表示例〉地球温暖化問題への関心は高まっているのに、日本の家庭から排出されるCO2は1990年から増加しています。しかもその約38%が水まわりと空調などの住宅設備機器からのもの。わたしたちは、住宅設備機器をつかうときに排出されるCO2に注目し、暮らしの中からCO2を減らしていきたいと考えています。■お客さまといっしょに暮らしのなかのCO2を減らしていきます。■家庭から排出されるCO2の3分の1が住宅設備機器から。「暮らし、マイナスCO2」をすすめています。-49-14-120-109100V換気乾燥暖房機衣類の乾燥や入浴前の暖房として大活躍。従来品に比べ、省エネ効果を実現しました。【試算条件】年間使用回数:210回、衣類の乾燥率:97%まで乾燥するのに必要な年間消費電力量を標準乾燥と風乾燥の場合でそれぞれ算出。標準乾燥では比較品共に衣類量5kgで標準乾燥運転時と、風乾燥では比較品共に衣類量2kgで、比較品は標準乾燥運転時の場合と比較。【比較品】換気乾燥暖房機(品番:UFD-16A【)引用元】自社基準標準乾燥では年間1,900円節約できます。風乾燥では年間9,500円節約できます。-36-186標準乾燥風乾燥104