■ページ本文テキスト■

04汚れが固着しにくく、落としやすい素材とカタチの床。キレイに保つ最新技術の表面処理と形状。特殊な表面処理と床面状で汚れが固着しにくく、落としやすい床です。床の汚れは身体から出る皮脂汚れ(油分)を栄養源に発生したカビやヌメリが主な原因。キレイ床は特殊な表面処理により、皮脂汚れが固着しにくく、汚れが取れやすくなっています。キレイ床は、特殊な表面処理で汚れを落としやすい。標準仕様UKMZWYチェンジアイテムE¥30,000汚れの固着しにくさの比較※写真は、わかりやすくするために汚れに着色しています。※使用条件:4人家族が毎日入浴、通常使用条件下の浴室に両サンプルを1カ月間設置。その間、サンプルの清掃は行わずにシャワー散水のみ実施。※使用される環境やお掃除の頻度などによって、実際の効果は異なります。従来の床キレイ床〈撥油基〉油をはじく成分〈親水基〉水となじむ成分〈表面処理層〉「キレイ床」概念図※イメージ図です。●キレイ床のメカニズムイメージ入浴中、洗髪やシャワーで皮脂汚れが発生。皮脂汚れ撥油基(油をはじく成分)があるため、床表面と皮脂汚れが固着しにくい。撥油基従来の床に比べて、床の溝が広がり、深さも浅くなりました。スポンジが溝の奥まで届きやすくなり、軽くこするだけでキレイに落とせます。※写真は、わかりやすくするために汚れに着色しています。●スポンジが溝の奥まで入り、おそうじラクラク、床キレイ。拭き取り前拭き取り後※イメージ図です。従来の床をスポンジで拭くと溝の奥まで届きにくく、汚れを落としにくいスポンジ拭き取り前拭き取り後溝が浅く奥まで届き、汚れを落としやすいスポンジキレイ床をスポンジで拭くと(キレイ床・サーモフロア機能付)親水基があるため、水が皮脂汚れの間に入り皮脂汚れを取れやすくします。水親水基(水となじむ成分)操作がラク、おそうじがラクでHAPPY!25