■ページ本文テキスト■

洗面化粧台の中で最もお掃除に手がかかっていた排水栓。独自のアイデアで、それを解消しました。排水栓今までできなかった排水口の底まで、お掃除カンタン〈排水口〉髪・ゴミ、排水口の底を、パッとお掃除と排水栓を外してサッ!と髪・ゴミを捨ててポイッ!と底をスポンジで拭くだけシュッ!排水口まわりと奥まで汚れを気にする方が80%!ソコまでてまなし排水口は、排水口の底部分に凹凸がなく、コンパクトになったことで、スポンジでサッとお掃除ができます。ななめ形状のヘアキャッチャーがゴミをキャッチする部分と水を通す部分を分け、スムーズに通水。スムーズに通水させるヘアキャッチャーフランジフランジありフランジなし汚れがたまりにくいフランジレス大口径サイズの排水口は、汚れのたまりやすかったフランジ部分の入り隅がなく、お掃除カンタン。新開発!排水口まわりと奥まで排水口まわりだけ19%その他1%80%底までお手入れカンタンな排水口8割の方の「排水口まわりと奥まで」が気になるという声に応えました。●排水口の汚れはどの部分まで気になりますか?(2012年当社調査n=100)汚れの気になる排水口の底も凹凸がなく、お掃除カンタン。従来磁石突起物がなく拭き掃除しやすい浅い底通水を妨げないななめ形状上部ななめ形状下部でゴミをキャッチ突起物があり深い底8